ロゴ

肌のカバーしたいところはファンデーションでまるっと解決

化粧水やファンデーションは肌の悩みをカバーしてくれる優れもの

化粧する人

より老けて見えるアレのこと

目の下にできるクマは、疲れている印象に見える上、老けて見えてしまうデメリットがありますよね。そんなクマを隠すにはコンシーラーを使って上手に隠しましょう。目の周りは皮膚が薄く、メイクの際にこするだけでも色素沈着のリスクがあるのでコンシーラー選びは重要です。力を入れずとも伸びてくれるリキッドタイプのコンシーラーが使いやすいでしょう。

シミが気になったら

年々シミが多くなったのではないかと心配になったら、改善と今後の予防をする必要があります。それは毎日使うスキンケアの化粧水をビタミンc誘導体入りの化粧水にすることです。肌サイクルのターンオーバーを正常に機能させてくれるのでシミ改善に最適といえるでしょう。

肌タイプ別ファンデーション選び

乾燥肌

乾燥肌の人は、ファンデーションも保湿成分のはいったものを選ぶと良いでしょう。乾燥肌は肌のバリア機能も他の肌と比べると弱いため、カバー力の高いものは肌に負担をかけてしまいます。そのため負担の少ないファンデーションを選ぶことが大切です。

オイリー肌

オイリー肌の方はファンデーションがテカることで悩んでいる人も多いでしょう。そんな人はオイルが含まれていない成分のファンデーションを選ぶと良いです。

混合肌

混合肌とは言葉通りの肌なので微調整が必要になる肌だと言えるでしょう。テカる部分と乾燥する部分が出てくるので、パウダーとリキッドのファンデーション2つ使いが良いです。

敏感肌

敏感肌には肌負担の少ないミネラルファンデーションが良いです。それでもカバー力がもっと欲しい方はフェイスパウダーを使うことをおすすめします。

気になるところをカバーしてしまおう

肌の悩みができてしまうと落ち込んでしまいますが、今のメイクやスキンケアでは悩みを改善してくれるアイテムが沢山増えました。それらは上手に使っていくことで、カバーして自信を取り戻すことができるでしょう。

肌がキレイに見える人と見えない人の違い

キレイに見える人

肌がキレイに見える人というのは、一瞬で見た印象で清潔感があると判断できます。さらに透明感を感じさせるのも特徴です。スキンケアをきちんとしているからこそ、肌トラブルも少ないといえるでしょう。

見えない人

肌がキレイに見えない人というのは、肌トラブルが起きてデコボコになっている肌がそう見えてしまう要因となっているようです。

広告募集中